専業主婦はサラ金のサービスを受けられないので注意!

専業主婦はサラ金で借り入れを行うことができません。
自身で働いておらず、収入を獲得していないとなるとなかなか厳しいものがあるからです。
では、お金を借りたいと思っている専業主婦はどのようにして借り入れを行えばいいのでしょうか?


専業主婦サラ金で借りられない理由

サラ金の収入を一切得ていない専業主婦へのキャッシングは、2010年の賃金業法の改定によってできなくなってしまいました。
この法律によって総量規制というものが作られたのですが、これが原因なのです。
年収の3分の1以上の借り入れを禁止するこの規制によって、対象となる金融機関での専業主婦のキャッシングができなくなってしまったんですね。
つまり、「専業主婦の収入は0円ですから、理論的にできないと判断されたと言うことです。
専業主婦に厳しいキャッシング業界ですが、ここでめげていてはいけませんよ。


しかし、キャッシングができるところはある

働いていなくて収入を得ていない専業主婦でも、銀行やレディースキャッシングというところならば借りられる可能性があります。
まず銀行はサラ金のように総量規制の対象になることがなく、それでいて本人貸し付けという形でキャッシングを行ってくれます。
一方レディースキャッシングは女性専用のキャッシングになるので専業主婦にもお金を貸してくれますし、また配偶者貸付となるので夫に安定した収入があれば利用することが可能です。
この2つならば借り入れができますが、専業主婦は働いていないため信用度はやはり低いです。
そのため借り入れ金額は最大でも30~50万円くらいになってしまうので、そのあたりは理解をしておきましょう。
また夫の収入を元にキャッシングを行うので、相手に迷惑をかけない程度の金額に収めておきましょうね。